ダイレクト納付

IMG_0092

 あっという間に1月が終わってしまいました。またすぐに1年が過ぎ去るんだろうな~。
 

 1月は、昨年末から続く年末調整の納付時期です。

 年末調整は、原則12月にその年の所得税の計算をしますが、その結果の源泉所得税の支払を1月10日(納期の特例を適用していれば1月20日)までに、納付することになります。
 
 年末年始の長い休みがあるのに10日までに支払わなければならないという、とても時間に追われる業務です。

 税理士事務所の計算はもちろんですが、計算結果を報告して(納付書を郵送して)、金融機関で納付をしてもらわなければならないという、お客様にとってもタイトなスケジュールとなります。

 ただでさえ忙しいこの時期に、なかなかその時間がとれないこともあります。
 
 この場合に便利なのが「ダイレクト納付」です。
 
 個人の所得税・消費税の口座振替制度と似ていますが、このダイレクト納付は所得税はもちろん、源泉所得税、法人税、消費税等にも使用することができます。

 個人の所得税等は引き落とし日を自分で決めることはできませんが、ダイレクト納付は期日を指定して納付することが可能です。

 年末調整でしたら、12月末に計算はできているけれど、5日に売上先から入金があるから源泉所得税の引き落としを8日にしたい、という手続きを12月にすることが可能です。

 
 インターネットバンクの契約も不要ですし、納税者の方ではなく税理士が手続きを行うこともできます。

 大城事務所でも、お客様に引き落とし希望日をお聞きして、年末調整の金額を計算・報告してダイレクト納付手続きを行っています。
  
 個人については、3月15日が納付期限のダイレクト納付より、約1ケ月後の4月に引き落としされる口座振替のほうが便利だと思います。
  
 源泉所得税の納付については、毎月納付している方、半年に1回でも7月・1月の期限までに金融機関に行くのが難しい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 税理士事務所に依頼しなくても、e-Taxソフトを使用してすることができます。

 ただ、金融機関によりダイレクト納付を利用できない場合がありますので、事前に確認をしてくださいね。

 また、この手続きは結構時間がかかります。各種届出のように提出して終了、ではなく金融機関の確認を経て使用することができますので、時間に余裕をもって適用してください。
  

2016年 1月 31日 更新 | 046BLOG

Home » 046BLOG » ダイレクト納付  ←前のページへ戻る
 


 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2017 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved