個人の消費税の申告期限

OHT92_setugennoyuugure_TP_V
 確定申告もあと1週間となりました。
 大城事務所も最後の追い込みで頑張っています!
 
 みなさんご存知のように、所得税の確定申告は3月15日までです。
 では、消費税の申告期限は知っているでしょうか。
 
 実は、所得税と同じではなく、3月31日が期限となっています。
 
 所得税と消費税の計算は一度にしたほうが簡単です。

 でも、どうしても時間がない場合は、まず所得税を15日までに、消費税は2週間先の31日までに申告してください。
 
 15日という期限後に申告すると、延滞税が課税される場合があります。

 また、所得税の青色申告の場合、最高65万円の青色申告特別控除額が10万円になってしまいますし、2年連続で期限後申告をすると青色の承認の取り消しをされてしまいます。
  
 余裕をもって申告準備をするのが一番ですが、ギリギリになってしまったときは、優先順位を間違えずに計算してくださいね。
  

 ご商売をしている方は、個人事業で始めて法人成りをする方も多いと思います。

 同じ事業をしていても、所得税では強制償却となる減価償却が、法人では任意償却となる等、個人と法人では計算方法が違う部分もあります。

 税金の申告期限も、個人と法人では違ってきます。

 上記のように、12月31日までの1年間について、所得税は3月15日、消費税は3月31日までと、課税期間の終了から2ケ月半と3ケ月あります。

 法人の申告は、所得税と違い課税期間の終了から2ケ月以内が期限となります。
 一定の場合は、延長の届出をすることができますが、原則は2ケ月以内です。
  
 個人時代と同じ感覚で申告準備をすると間に合わなくなりますので、気を付けてください。

2017年 3月 08日 更新 | 046BLOG

Home » 046BLOG » 個人の消費税の申告期限  ←前のページへ戻る
 


 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2017 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved