壁紙の張替費用

9月21日 朝晩はずいぶん涼しくなって過ごしやすくなってきました。
 天気がいい日が続くといいですね。
 
 今回は、壁紙の修繕費用です。

 先日東浦町のお客様のところに伺ったら、壁紙を張替え予定というお話を聞きました。

 廊下の一部だったため金額は10万以下でしたが、部屋全体・建物内すべての張替えとなると、金額も大きくなります。

 数十万、100万円以上となっても、全額修繕費として経費にしていいのでしょうか。
 
 答えとしては、修繕費として経費処理しても大丈夫です。
 
 建物を建設した時は、壁紙はわざわざ別にせずに建物の取得価額として処理します。

 さらに金額が大きい場合、経費ではなく資産とするのでは?という疑問がありますが、壁紙の張替えは通常の維持管理のため、または壊れた部分につき原状回復するために行われたものと考えられますので、全額修繕費で大丈夫ということになります。

2017年 9月 19日 更新 | 046BLOG

Home » 046BLOG » 壁紙の張替費用  ←前のページへ戻る
 


 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2017 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved