法人名のフリガナの記載・公表

雪だるま 
 現在、商業・法人登記申請を行う場合には、法人名のフリガナを記載する欄はありません。

 これが変更となり、平成30年3月12日以降に登記申請書を提出する場合には、フリガナを記載することとなりました。
 
 最近はローマ字の法人も増えましたが、読み方が複数あるローマ字もありますよね。
 H・・・エッチ、エイチ
 W ・・・ダブル、ダブリュー等

 以前、お客様に読み方を伺ったところ、はっきり決めていない方もいました。
 何となくではなく、登記申請時にしっかり読み方を決めておいてくださいね。
 
 このフリガナは、平成30年4月2日以降、国税庁の法人番号公表サイト※に順次公表されていきます。

※法人番号公表サイトは、法人のマイナンバー・称号又は名称・所在地・変更履歴情報が確認できるサイトです。マイナンバーが不明でも、名称や所在地から検索することができます。
 
 しばらく登記申請の機会がない場合には、申出書(手数料不要)を法務局に提出することにより、フリガナ登録ができるようです。
 
 ただ、ほとんどの法人はわざわざ申出書を提出しないと思います。

 この場合は、税務署に提出した届出書等に記載されているフリガナが公表されていきます。
 
 法人の設立届出書の提出をご依頼いただくことが多いので、私が届出書に記載したフリガナが公表されることになるわけです。

 お客様に確認していただき提出しているので大丈夫なはずですが、4月の公表後はお客様のフリガナが間違っていないか確認したいと思います。
 

2018年 2月 02日 更新 | 046BLOG

Home » 046BLOG » 法人名のフリガナの記載・公表  ←前のページへ戻る
 


 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2018 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved