046BLOG

確定申告のお知らせ

雪の木
 新しい年も20日以上経ちました。

 平成30年には慣れましたか?
 毎年なかなか慣れないのですが、今年は30年とキリのいい数字だからか、意外にすっと馴染んでいます。
 
 
 確定申告書のお知らせが届く時期が近づいてきました。

 確定申告書はA4の第1表と第2表がくっついてA3サイズになっており、第1表と第2表はすぐに切り離せるようになっています。
 
 毎年確定申告をする方には、1月末頃に税務署から上記のプレプリント確定申告書が送られてきていました。

 このプレプリント確定申告書は、名前や整理番号、予定納税が記入されているものです(されていない場合もあります)。
 
 29年分申告から、前年に以下の区分で相談申告された方には、このプレプリント確定申告書が送られてきません。
① 税理士関与
② 青色申告会
③ 無料相談
④ 地方団体
⑤ その他(手書き等)のうち一部
 
 ②~④で申告された方は、プレプリントの代わりに、確定申告のお知らせまたはお知らせ通知書が届きます。
 大府市・東海市を含む半田税務署管内では1月19日発送予定とのことですので、そろそろお手元に届くと思います。
 
 ⑤については、給与所得者等で電子申告への移行が期待される納税者のみが、お知らせはがきになり、これは1月29日発送予定のようです。
 
 事業所得者や消費税課税事業者等については、従前どおりプレプリント確定申告書が送られてきます。
 この送付時期は1月30日ですので、お手元に届くのは2月になってからですね。
 
 最後になりましたが、①の税理士が関与し提出している方については、プレプリントはもちろんお知らせはがきも届きません。
 納付書は届きますが、口座振替をしている場合は、それも届かないですので、気を付けてくください。

 私にご依頼いただいている方は、原則すべて電子申告しています。
 元々プレプリントもお知らせはがきも届いていませんが、予定納税の金額等は電子申告のメッセージボックスで確認しています。
 
 国税庁が、一般の納税者はもちろん、税理士へも電子申告への移行を強力に進めているということですね。

2018年 1月 22日 更新 | 046BLOG

あけましておめでとうございます。

happy-new-year-3036936_960_720
 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします!
 
 昨日、スターウォーズ最後のジェダイを見に行ってきました。

 今まで一度も見に行ったことがなかったのですが、スターウォーズ好きな友人からエピソード1~6のDVDセットを借りて、エピソード7はレンタルが間に合わなかったのでテレビ放映を見て、予習ばっちりでスターウォーズ映画館デビューをしてきました。

 ちょっと長いとは思いましたが、とても面白かったです。

 久しぶりに映画館で映画を見ましたが、やはり大画面はいいですね!
 
 これから確定申告に向けて忙しい時期になり、気を抜くと仕事だけになってしまいます。

 今年は意識して、映画や小説等の心を潤してくれるものにも時間をかけたいと思います。

2018年 1月 06日 更新 | 046BLOG

相続税の講義

12月4日
12月になりました。一年は本当にあっという間です。
 
 今年も母校の愛知大学で相続税の講義をしてきました。

 愛知大学はあおなみ線で名古屋駅となりのささしまライブ駅にあるのですが、今年10月に「グローバルゲート」という複合施設ができました。

 残念ながらチラ見しただけでゆっくりは見ていないのですが、駅からホテル・オフィスと大学が歩行者デッキでつながっており、雨にぬれずに大学へ行くことができます。

 母校がにぎわうのは嬉しいですね。
 
 講義の内容は、昨年とほぼ同じだったのですが、聞きなれないであろう言葉を板書することにより、昨年よりはわかりやすくなったのではと思っています。

 時間配分を間違えて最後は早口になってしまったので、この反省を来年に生かしたいと思います。

2017年 12月 04日 更新 | 046BLOG

平成30年分の配偶者控除

11月22日
 年末調整の時期が近づいてきました。
 
 みなさん、来年の平成30年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を記入している頃ではないでしょうか。

 お気づきだと思いますが、29年分とは書式が違っています。

 細かな部分では、フリガナの欄が新しくできたり、配偶者や扶養親族の個人番号の記入場所が違っています。

 ただ、内容も大きく変わったのは配偶者で、平成29年の「控除対象配偶者」が、平成30年分では「源泉控除対象配偶者」となっています。
 
 配偶者控除・配偶者特別控除は、平成30年分より改正があります。
 
 まず、合計所得金額が1,000万超(給与収入のみでは1,220万超)の場合、配偶者控除・配偶者特別控除ともに適用を受けることはできません。
 
 1,000万以下の所得も、以下の3つに分かれて、それぞれの所得に応じて配偶者控除・配偶者特別控除額が変わってきます。

① 合計所得金額900万円以下(給与収入1,120万円以下)
   配偶者控除 38万円(老人控除対象配偶者48万円)
   配偶者特別控除 38万円~3万円

② 合計所得金額900万円超950万円以下(給与収入1,120万円超1,170万円以下)
   配偶者控除 26万円(老人控除対象配偶者32万円)
   配偶者特別控除 26万円~2万円

③ 合計所得金額950万円超1,000万円以下(給与収入1,170万円超1,200万円以下)
   配偶者控除 13万円(老人控除対象配偶者16万円)
   配偶者特別控除 13万円~1万円
 
 29年分までは、合計所得金額が1,000万超の場合は配偶者特別控除は受けられませんでしたが、配偶者控除は一律38万円(老人控除対象配偶者は48万円)受けられました。
 所得に応じて適用額が変わるというのは大きな変更点です。
 
 合計所得金額950万円超1,000万円以下(給与収入1,170万円超1,200万円以下)では、控除額が13万円と以前より25万円も下がることになります。

 配偶者控除を受けるために就業調整をしている場合は、手取り額が一体いくらになるのか再計算してみるといいかもしれません。
 
 大城税理士事務所のお客様は、法人・事業主と給与を支払う方ですので、給与支払時の源泉所得税について注意しなければいけない点があります。

 「控除対象配偶者」が「源泉控除対象配偶者」と変わったのも理由があります。

 給与収入がいくらであろうが、配偶者の所得が38万円以下であれば配偶者控除は受けられたので、源泉所得税を計算する時には扶養親族一人と数えていました。

 30年分からは、所得1,000万超の場合は配偶者控除が受けられませんし、所得900万超の場合は配偶者控除額も26万又は13万円となります。

 このため、毎月の給与計算時には、以下の条件の方のみ、配偶者を扶養親族一人として計算することになります。

・所得が900万円以下(給与収入1,120万円以下)
・配偶者の合計所得金額が85万円以下(給与収入150万円以下)
 
 ややこしいですが、来年の支払いからは間違えないようご注意を!

2017年 11月 22日 更新 | 046BLOG

松茸狩り&絵付け体験

11月2日 (2)
11月2日 (1)
 2週連続きた台風も去って、ようやく秋らしい気持ちのいい日がやってきました。

 11月1日(水)に、毎年ある税理士会半田支部の旅行に行ってきました。

 今回は、松茸狩りと松茸&近江牛食べ放題、さらに信楽焼の絵付け体験です。
 
 松茸狩りは、想像より急な山の斜面で転びそうになりながら、頑張って見つけました!

 松茸をゲットできたのは1個だけですが、参加者の半分以上の方は取れなかったので、ラッキーでした。

 写真では、ミカンと並べて大きく見えますが、実はこのミカン、ちびミカンなので、松茸もちびちびサイズです。
 10センチもなく食べではなさそうですが、せっかくの松茸、味わって食べたいと思います。
 
 信楽焼は、たぬきが有名ですよね。

 今回は湯飲みの絵付け体験をしてきました。

 出来上がりは1ケ月先ですが、想像通りにできているといいな。
  
 松茸狩りも絵付け体験も、行く前はあまり乗り気ではなかったのですが、実際やってみると楽しかったです。

 12月から始まる年末調整、確定申告の前に、しっかりリフレッシュできました!

2017年 11月 02日 更新 | 046BLOG

 
 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2018 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved