046BLOG

収入印紙の割り印

領収書の収入印紙の割り印
 ブログを長い間お休みしてしまい申し訳ありません。
 これからまた頑張りいたいと思いますので、よろしくお願いします。
 
 久しぶりのブログは、収入印紙のことについてです。

 収入印紙といえば、一番多いイメージは何か物を購入してお金を支払った時にもらう領収書に貼付されているものではないでしょうか。

 これは、17号文書といって「売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書」に該当します。

 記載された受取金額が5万円未満の場合は非課税ですが、5万円以上は金額に応じて200円~20万円まで印紙の貼付が必要です。
 
 印紙税は、課税文書に該当する文書を作成した者が、その文書(上記でいうところの領収書)に収入印紙をはり付けることによって納付します。

 はり付ける場合には、該課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならない、と規定されています。(印紙税法第8条第2項)

 「判明に印紙を消さなければならない」とは、自己又はその代理人(法人の代表者を含む。)、使用人その他の従業者の印章又は署名で消さなければならない、と規定されています。(令第5条)

 そのため、一般的には割り印が多いと思いますが、署名(サイン)でも可能です。

 印鑑の種類は特に指定はありませんので、法人名や従業員等のゴム印やシャチハタ印でも使用できます。

 割り印の位置についても指定はないですが、収入印紙を再使用できないように、印紙と文書にまたがって割り印が必要です。
 
 割り印もしくは署名を忘れた場合は、印紙税を納付したことにはなりませんので、注意してくださいね。
 
 
 30年7月1日より、収入印紙の形式が改正されました。
  https://www.nta.go.jp/information/release/pdf/inshi_kaisei.pdf

 1円から10万円まで31種類の印紙がありますが、今回の改正は200円以上の19種類についてです。

 券種によって、偽造防止技術が施されたようです。確かに高額な印紙には偽造防止が必要ですね。

 ちなみに、改正前の収入印紙については、改正後も引き続き使用できますので、ご安心ください。
 

2018年 9月 14日 更新 | 046BLOG

建設業 消費税簡易課税の業種区分

5月28日
 今回は、建設業の消費税の簡易課税の業種区分について書きたいと思います。
 
 建設業の消費税の簡易課税の区分は、おおむね第3種事業となります。

 とはいえ、建設業のなかにも色々な事業があると思います。
 
 一般的な土木・建築工事業や、建築リフォーム業等の総合工事業は、第3種となります。

 職別工事業(大工工事業、鉄筋・鉄骨工事業、左官工事業等)や、設備工事業(電気工事業、菅工事業等)も第3種です。
 
 ただ、上記の業種でも、他の事業者から原材料の支給を受けて工事の一部を行ったり、工事用資材を持たずに他の業者の工事を行う等の「人的役務の提供」は、第4種となるので注意が必要です。

 原材料の支給を受けて行う修繕も、第3種ではなく第4種となります。

 普段は工事一式で仕事を受けて原材料等の仕入も自社でしているが、特別に人工仕事をした場合・原材料の支給を受けて修繕をした場合は、同じ取引先だとしても第3種と第4種の区別が必要です。
 
 また、原則第3種である職別工事業のうち、とび工事業や解体工事業は、第4種となります。
 いわゆる「人的役務の提供」ではないですが、第3種と間違えないよう気を付けて下さい。
 
 一度業種を確認すると、なかなか見直しをしないかもしれませんが、事業内容は変わっていくものです。

 簡易課税は基準期間における課税売上高が5,000万円以下の事業者のみが使える制度です。
 チェックできる規模だと思いますので、確認を必ずしてくださいね。

 

2018年 5月 28日 更新 | 046BLOG

マイナンバーカードでの各種証明書取得

5月14日
 マイナンバーカードが導入されて2年以上経過しましたね。

 郵送された通知カードのままで、マイナンバーカードを持っていない人も多いのではないでしょうか。
 
 実は私もマイナンバーカードは申請していませんでしたが、ようやく今年3月に取得しました。

 スマホで写真を撮り、通知カードに記載のあるQRコードより申請ができました。
 思ったより簡単でしたが、カードが手元に届くのは申請から1ヶ月近くかかるので、すぐに欲しい!というのは無理のようです。
 
 私はマイナンバー制度に賛成ではないのですが、せっかく取得したので、コンビニで証明書を取得してみることにしました。
 ドキドキしましたが、スムーズに取得できましたよ。

 役所は原則平日のみですから、コンビニで各種書類が取得できれば便利ですよね!
 初めて、マイナンバーが便利だなと思ったできごとでした。
 
 以下の書類について、マイナンバーカードがあれば、コンビニで取得できます。
① 住民票の写し
② 印鑑登録証明書
③ 市県民税(所得)証明書
④ 市県民税(納税)証明書
⑤ 戸籍(全部・個人)事項証明書
⑥ 戸籍の附票の写し

 ただ、このコンビニ取得、すべての市町村が対応しているわけではありません。

 お隣の東海市は、平成27年8月よりスタートしていましたが、私の住む大府市では昨年10月からと、つい最近からの運用です。
 
 また、上記⑤と⑥は、本籍がある市町村が発行するものですので、その市町村が運用していないとコンビニで取得することはできません。

 私は現住所は大府市ですが、戸籍は県外にあり、その市町村はコンビニ対応していなかったので、取得することはできませんでした。
 
 最後に注意点を!
 コンビニは24時間営業ですが、上記の利用稀時間は午前6時30分~午後11時までですので、気を付けて下さい。
 
 すべての市町村で使用できるように、また、コンビニも24時間利用できるようになるといいですね。

 

2018年 5月 14日 更新 | 046BLOG

海外旅行中の医療費

5月2日
 ゴールデンウィーク真っ只中ですね!
 海外旅行に行かれている方も多いのではないでしょうか。
 
 楽しいだけの旅行で終わればいいのですが、海外で事故や病気になった場合、現地で治療を受けることがあると思います。

 この支払った医療費、確定申告での医療費控除をすることができますので、必ず領収書や診療明細書をもらってくださいね。
 
 日本では健康保険により実際の医療費の原則3割のみ負担ですが、海外では健康保険を使えないので高額になることが多いです。

 一定の金額は「海外療養費」という制度により健康保険から給付されるようですが、それでは足りないことがほとんどですので、できるだけ海外旅行保険にも加入してくださいね。
 
 健康保険・海外旅行保険から給付された金額より医療費が上回った場合に、医療費控除を受けることができます。

 病気、ケガがないことが一番ですが、もし海外で医療費を支払った場合は、ぜひ確定申告してくださいね。
 
 最後に注意点を!
 医療費控除は居住者のみが受けられる制度です。

 居住者とは、日本に住所又は1年以上の居所を有する者となりますので、1年以上海外勤務している人は「非居住者」となり、医療費控除を受けけることができません。

 例えば、4月までの海外勤務中に10万円現地で医療費を支払った。5月以降の日本国内勤務中に日本で医療費を15万円支払った。この場合の医療費控除の対象となるのは居住者期間中に国内で支払った15万円のみとなります。

2018年 5月 02日 更新 | 046BLOG

自動車登録をしない車の耐用年数

4月17日
 春らしく暖かくなってきました。
 花粉症は気になりますが、ドライブが気持ちのよい季節ですね。
 
 さて、今回は自動車登録(いわゆるナンバーをとること)をしない車について、耐用年数がどうなるかについてです。
 
 大規模工場等で構内専のみで使用する場合、ナンバーをとらないことがあります。
 
 お隣の東海市にある新日鉄住金や愛知製鋼、大府市の豊田自動織機のような工場には、構内専用車があると思います。

 この車の耐用年数は何年になると思われますか?
 
 答えは、その車の実態で判断する、です。

 貨物自動車であれば、「車両及び運搬具」の「前掲のもの以外のもの」の「自動車」「その他のものー貨物自動車」となり、4年もしくは5年となります。

 軽自動車であれば、「車両及び運搬具」の「前掲のもの以外のもの」の「自動車」「小型車」で、4年になります。

 自動車に該当するかどうかの判定は、自動車登録規則による登録の有無には関係ないということですね。
 
 工事現場などで使用されるブルドーザー、パワーショベルは、車両運搬具ではなく機械装置に該当します。

 これも、ナンバーはついていないので、こちらと混同しないようにしてくださいね。

2018年 4月 17日 更新 | 046BLOG

 
 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2018 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved