046BLOG

個人の消費税の申告期限

OHT92_setugennoyuugure_TP_V
 確定申告もあと1週間となりました。
 大城事務所も最後の追い込みで頑張っています!
 
 みなさんご存知のように、所得税の確定申告は3月15日までです。
 では、消費税の申告期限は知っているでしょうか。
 
 実は、所得税と同じではなく、3月31日が期限となっています。
 
 所得税と消費税の計算は一度にしたほうが簡単です。

 でも、どうしても時間がない場合は、まず所得税を15日までに、消費税は2週間先の31日までに申告してください。
 
 15日という期限後に申告すると、延滞税が課税される場合があります。

 また、所得税の青色申告の場合、最高65万円の青色申告特別控除額が10万円になってしまいますし、2年連続で期限後申告をすると青色の承認の取り消しをされてしまいます。
  
 余裕をもって申告準備をするのが一番ですが、ギリギリになってしまったときは、優先順位を間違えずに計算してくださいね。
  

 ご商売をしている方は、個人事業で始めて法人成りをする方も多いと思います。

 同じ事業をしていても、所得税では強制償却となる減価償却が、法人では任意償却となる等、個人と法人では計算方法が違う部分もあります。

 税金の申告期限も、個人と法人では違ってきます。

 上記のように、12月31日までの1年間について、所得税は3月15日、消費税は3月31日までと、課税期間の終了から2ケ月半と3ケ月あります。

 法人の申告は、所得税と違い課税期間の終了から2ケ月以内が期限となります。
 一定の場合は、延長の届出をすることができますが、原則は2ケ月以内です。
  
 個人時代と同じ感覚で申告準備をすると間に合わなくなりますので、気を付けてください。

2017年 3月 08日 更新 | 046BLOG

青色申告

春の気配
 2月16日(木)から確定申告が始まります。

 税理士も一年間で一番の繁忙期ですから、体調管理をしっかりして乗り切りたいと思います!
 
 今回は、よく聞く「青色申告」について説明したいと思います。
 
 所得税は、自分で計算する申告納税制度です。

 正しく計算するためには、収入や経費の取引状況を記帳し、請求書や領収書等を保存しておく必要があります。
 この記帳等が一定水準で正しい申告をする人について、有利な取り扱いが受けられるのが青色申告です。

 では、給与や年金の人が青色申告で有利な取り扱いがあるかというと、それはできません。

 青色申告をすることができるのは、事業所得、不動産所得、山林所得に限られています。
 
 まず、青色申告をするためには、税務署に「青色申告承認申請書」という届出書を提出する必要があります。

 新規開業をした場合は、事業開始日から2ケ月以内に、そうでない場合は適用を受ける年の3月15日までに提出が必要です。

 新しく商売を始めたら、まずはこの届出を提出しましょう。
 上記の通り、開業から2ケ月以内という制限があります。

 28年に開業した方が初めての確定申告であるこの時期に提出したら、29年分からしか青色申告になりませんよ!
 
 青色申告には、以下のメリットがあります。

① 青色申告特別控除・・・最大65万、それ以外でも10万円の控除があります。

② 青色事業専従者給与の必要経費算入・・・白色事業専従者は50万円または86万円が最高額です。青色の場合は、適正な金額であれば限度額はありません。

③ 減価償却費の特例・・・30万未満の資産を、取得した年に全額経費とすることができます。

④ 貸倒引当金・・・売掛金等の期末残高の5.5%を経費とすることができます。翌年には繰り戻しが必要ですので、最初の年が一番節税効果が高くなります。

⑤ 損失の繰越控除・・・赤字分を、翌3年間の黒字の所得から差し引くことができます。
 
 青色申告のデメリットは、 正規の簿記の原則に従った会計処理が必要ということですが、白色でも所得税の計算は必要です。

 今は、会計ソフトもたくさんありますので、上手に使って、ぜひ青色申告をしてみてくださいね!

2017年 2月 14日 更新 | 046BLOG

クレジットカード納付

AME889_yukizakura_TP_V1
 新しい年になって1ヶ月近くたちました。
 一番寒い時期です。私の住んでいる大府市でも雪が降りました。
 体調崩さないよう気をつけてくださいね!
 
 国税がクレジットカード納付できるようになりました。

 約2年前にもクレジット決済ができるとブログに書きましたが、県・市町村へ支払う自動車税や国民健康保険と国民年金で、税務署へ納める税金はできませんでした。
 
 今回は、税務署へ納める国税(所得税、法人税、消費税、贈与税、相続税等)が対象です。
 
 メリットは、納付手続きを完了した日に納付したことになりますが、支払は実際のクレジットカード引落日まで延ばすことができ、カードポイントもつくことです。

 また、メンテナンス時間を除き24時間納付することができますので、税務署や金融機関に行く時間がない方にとっても便利ですね。
 

 デメリットは、決算手数料がかかることです。
 これは、国の収入になるものではなく、クレジットカードの手数料として支払うもので、金額が多くなればなるほど高くなります。

 最初の1万円までは82円(消費税込)で、以後1万円を超えるごとに82円が加算されていきます。

 例えば20万円を納付すると、手数料として1,641円かかり、合計201,641円のクレジット引落となります。

 決済手数料の試算ができますので、クレジット納付を考えている方は、ポイントやカード引落日との兼ね合いを考えて決めて下さい。
 
 また、領収書が発行されず、納付済の納税証明書の発行も3週間程度かかってしまいます。
 借入や許可申請等で納税証明書が早期に必要な場合は、通常の納付のほうがいいかもしれません。
 
 クレジットの回数払いは最長12回まで選べますが、ボーナス払いは選べません。
 回数払いは、カード会社に支払う手数料が発生しますので、その金額もご確認を忘れずに。
 

 手続き自体は意外と簡単で、ダイレクト納付と違い、事前の準備期間は必要ありません。
 
 「国税クレジットカードお支払いサイト」から、氏名、住所、納付先の税務署と、納付の内容(平成28年の確定申告等)と納付金額、クレジットカード情報を入力すれば、決済完了のようです。

 コンビニや税務署の窓口でのクレジットカード納付はできず、上記のサイトからのみの手続きとなります。
 
 下記の国税庁サイトに、クレジットカード納付のことが説明されていますので、納付を検討している方は、参考にしてくださいね。
 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/index.htm

2017年 1月 26日 更新 | 046BLOG

支払調書(不動産)のマイナンバー

SHI83_kuri-muironosekai_TP_Vみなさま、そろそろ正月気分はぬけたでしょうか?
  
 大城事務所では、今月は年末調整の続きである法定調書の提出を一生懸命しています。
  
 法定調書とは、事業をしている法人や個人が、一定の方に一定の支払をした場合に、税務署に提出する書類のことです。
 
 代表的なものは、給与収入が年間500万(役員は150万)超の場合の給与所得の源泉徴収票です。
 
 次に、多くの方が作成されるのが、税理士等の一定の士業の方に支払う分で、これを報酬の支払調書といいます。

 この支払調書は、年間5万円超の場合に提出が必要です。
 
 今年から給与所得の源泉徴収票、士業への支払調書には、マイナンバーが必要となりました。

 給与所得者は、会社で働いている人ですし、士業の方はマイナンバー制度を知っている方も多いので、マイナンバーを集めるのに、あまり苦労はしなかったのでは。
 
 ただ、上記の次に提出が多いと思われる「不動産の使用料等の支払調書」は、マイナンバーを教えてもらうのに苦労していないでしょうか。

 不動産の使用料等の支払調書は、個人事業主は原則提出する必要がありません。

 法人が、個人に支払う不動産の使用料が年間15万円超の場合に、マイナンバーを記載した支払調書を提出する必要があります。
 
 大城税理士事務所では、税務署へ提出する支払調書等のご依頼を受けています。
 提出に必要ですから、お客様に大家さんのマイナンバーを聞いていただくようお願いしていましたが、なぜマイナンバーを教えなくちゃいけないの?と、嫌がられる方も結構いました。

 今年から始まったマイナンバーですので、聞かれるのが初めてでよくわからないですよね。
 また、賃貸人が個人事業主の場合、マイナンバーは聞かれません。
 法人でも、上記の通り年間15万円超もらわないと、やはりマイナンバーは必要ありません。

 金額、相手によって必要・不要があることが、よけいにわからなくしているようです。
 
 お客様から大家さんにマイナンバーの必要を説明していただくのが難しかったのですが、最近国税庁のHPで下記のリーフレットを見つけました。

http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/pdf/mynumber_fudosan.pdf

 これがあれば、説明しやすくなりますね。
 あと3ケ月くらい早くこのリーフレットがあればよかったな・・・。 
 
 自社で法定調書の作成をされている法人もあると思います。

 もし、大家さんからマイナンバーを教えてもらえなかったら、上記のリーフレットを見せて、再度お願いしてみてはいかがでしょうか。

 今月末が、法定調書の提出期限ですから、まだ間に合いますよ!

2017年 1月 12日 更新 | 046BLOG

あけましておめでとうございます

11-254_501
 あけましておめでとうございます!
 本年も、頑張ってブログを更新したいと思いますので、よろしくお願いします。
 
 このホームページでのブログを始めて、もう3年以上たちました。
 あっという間のような、苦しい3年だったような。

 元々、文章を書くのは得意ではなく、当初は本当に苦労してブログを書いていました。

 文章そのものはもちろん、何をネタにしていいのかもわからなかったので、辛かったです。
 
 今でも、うんうん唸ってブログは書いていますが、ネタについては、ずいぶん見つけやすくなりました。

 日常の業務のなかで、これは皆さんに気を付けていただきたいな、知ってもらいたいな、と自然に考えられるようになったからです。
 
 ブログを読んでくだる方に少しでも役に立っていただけるネタとともに、大城浩子という人間も知ってもらえるようなブログを、書いていけたらと思っています。

 今年もよろしくお願いします!

2017年 1月 01日 更新 | 046BLOG

 
 

* 大府の税理士が大府市・東海市で、税金・税務申告のお手伝い * © 2017 愛知県大府市大城浩子税理士事務所 & Right Stuff.co All Rights Reserved